データ分類に関する情報サイト

データ分類は、情報化社会で欠かせない作業です。
情報はどれだけ有用なものであっても、使いたきときに見つけられなければ意味がありません。
見つけ出すためには、その情報がどのようなものかがわからなければいけません。
その情報を付与して検索性を持たせることで使える情報となります。
一度付与した情報は、いろいろな条件で検索されて区別することが可能です。
最も重要なことは、種類によって識別ができる状態にすることです。

データ分類を実施する目的や方法は?分かりにくいポイントを具体的に解説

データ分類を実施する目的や方法は?分かりにくいポイントを具体的に解説 データ分類を行う理由は、情報を有効に使えるようにすることです。
ただ単に蓄積された情報は、業務に活用することはできません。
それは検索性がないことで見つけ出したり、分析することが困難だからです。
同じ表紙のタイトルのない本棚から目的の本を見つけ出すような状態です。
知りたいときに該当する情報を短時間で見つけられること、同じ種類の情報をまとめられることがデータ分類の目的です。
データの一つ一つにタグと言われる情報を追加することによってデータ分類を実施します。
検索できる識別を付与することで、並べたり、仕分けることができるデータベースとなります。
結果として、知りたい情報を見つけ出すことが短時間でできるようになります。

情報管理に疑問を感じたらデータ分類が必要

情報管理に疑問を感じたらデータ分類が必要 業務で知り得た情報や生成された記録などを見直したり、第三者に提示しなければならなくなったときに多くの時間を費やしているなら、管理方法に疑問を持つべきです。
保持している情報や記録は活用されることで意味があります。
将来見ることのない情報は不要であり、第三者に見せない記録は作る意味がありません。
本来の目的を果たすためには、情報のデータ分類を行って意味あるものにすべきです。
データ分類は情報にタグと呼ばれる新たな情報を追加して、識別できるようにする作業です。
検索が可能な状態にするためにそのための札をつけるような作業になります。
一度つけた札は誰が見てもわかるようになっていて、意味のあるものでなければいけません。
例えばファイルに対してファイル名や作成日や作成者、キーワードなどを付加して見える化を行います。
これでいちいち中身を見なくてもある程度の察しが付くことになります。
無分類では見つけるのに時間がかかっていたデータを短時間で識別して使うことができるようになります。
データの集計や分析も実施できるので、効率化をすすめるときに有効な資源です。
情報を探すのに時間がかかりすぎて本来の仕事が進まない日々を繰り返すよりも良いでしょう。

データ分類の最新情報をもっと

データ分類